pink 3.jpg

第15回全国校区・小地域
福祉サミットatオンライン

2022年12月11日(土)開催

地域共生社会づくりをめざして、社会的孤立に立ち向かい、人とひとのつながりを再構築していくために、住民が主体となった地域の居場所づくりや見守り、支え合い等の様々な活動が全国各地で進められてきました。

しかし、新型コロナウィルスの感染拡大は、人と顔を合わせること、人が集まることを阻み、住民の手によるさまざまなつながりづくりの活動にストップをかけることになりました。一方で、貧困の格差や社会的孤立による生活の課題を浮き彫りにして、人と人とのつながりの大切さを改めて考える機会を与えてくれました。

コロナ禍でも、全国各地で展開されているつながり続けるためのさまざまな工夫やそれを支える専門職の多様な取り組みは、アフターコロナの地域共生社会づくりにも大きな示唆を含んでいます。

これまで、本サミットは、開催地を決め、その地域を中心に実行委員会を組織して実施してきました。今回は、コロナ禍もあり、開催地を特定せずに全国に呼びかけて、実行委員会を組織し実施することとなりました。

全国の活動者の皆さんがオンラインでつながり、今だからできる、今だから必要な校区や小地域における福祉活動について、意見交流し、これからの実践に必要な視点や工夫などの気づきを得ながら、元気になることを目的とし開催いたします。

pink 3.jpg

第15回全国校区・小地域
福祉活動サミットatオンライン

2022年12月11日(日)10:00-16:00開催

テーマ:~人とひとのつながりの再構築~

地域共生社会づくりをめざして、社会的孤立に立ち向かい、人とひとのつながりを再構築していくために、住民が主体となった地域の居場所づくりや見守り、支え合い等の様々な活動が全国各地で進められてきました。

しかし、新型コロナウィルスの感染拡大は、人と顔を合わせること、人が集まることを阻み、住民の手によるさまざまなつながりづくりの活動にストップをかけることになりました。一方で、貧困の格差や社会的孤立による生活の課題を浮き彫りにして、人と人とのつながりの大切さを改めて考える機会を与えてくれました。

コロナ禍でも、全国各地で展開されているつながり続けるためのさまざまな工夫やそれを支える専門職の多様な取り組みは、アフターコロナの地域共生社会づくりにも大きな示唆を含んでいます。

これまで、本サミットは、開催地を決め、その地域を中心に実行委員会を組織して実施してきました。今回は、コロナ禍もあり、開催地を特定せずに全国に呼びかけて、実行委員会を組織し実施することとなりました。

全国の活動者の皆さんがオンラインでつながり、今だからできる、今だから必要な校区や小地域における福祉活動について、意見交流し、これからの実践に必要な視点や工夫などの気づきを得ながら、元気になることを目的とし開催いたします。

上記のどちらかより参加登録とお支払いをお願いします。

①Peatix登録・お支払いの場合:クレジットカード、コンビニ/ATM (ペイジー)、PayPalに対応。

②請求書発行・銀行口座振込み払いの場合:後日PDF請求書を発行し、振込口座をご案内します。

【参加費】

①個人参加 3,000 円 (税込)
②グループ参加 10,000円(10人以内/税込)※以降、10人ごとに10,000円追加で視聴可能
11~20人/20,000円 21~30人/30,000円 31~40人/40,000円 41人以上/50,000円

※同一施設・敷地であれば、会場を複数設営することは可能です。
※グループ参加で会場を複数に分ける場合、端末回線を複数追加することで分科会の同時視聴も可能です。

22482267_m.jpg

小地域福祉サミット
​をオンライン開催!

本サミットは、小地域福祉活動に取り組む実践者同士の交流の場、全国の取り組みを学ぶ場です。今年も昨年に続き、新型コロナ感染症との共存、いわゆるWITHコロナの中でオンライン開催します。

IMG_1719.JPG
pink strip 2.jpg

主催:第15回全国校区・小地域福祉活動サミット実行委員会

共催:小地域福祉活動を楽しむ全国ネットワーク

後援:

 

logo.png